過払い金請求の評判・口コミは信用できるか

過払い金請求の評判・口コミは信用できるか

過払い金請求をするために弁護士や司法書士を選ぶ際は評判/口コミを参考にする方が多いようだが、これらは本当に信用できるのだろうか。商品やサービスを購入する際に評判や口コミを利用する方は多くいるが、それを真に受けた結果失敗したというケースも少なくないだろう。そこで、過払い金請求をする際に評判や口コミは本当に信用できるのか、どのように向きあえばいいのかを解説し、過払い金請求で失敗しないための依頼先選びのポイントを紹介する。

評判/口コミは半信半疑の気持ちが妥当

過払い金請求をする際は、弁護士や司法書士に依頼するケースが多いだろう。その場合、問題となるのがどのようにして依頼先を選ぶのかということではないだろうか。個人的に弁護士や司法書士の知り合いがいる、または紹介してもらえる人がいるというのであればいいのだが、そのような知り合いがまったくいないというのであれば自分自身で探さなければならない。昔であれば電話帳から探し出して問い合わせるというのが一般的だったかもしれないが、インターネットが普及している現代では、多くの方が弁護士や司法書士の評判や口コミを確認して依頼したいと思うだろう。そこで問題になるのが、評判や口コミが本当に信用できるのかということだ。インターネット上の情報は手軽に手に入れられる反面、その信憑性については少々疑問が残ると感じる方は多いのではないだろうか。多くの方が弁護士や司法書士の評判や口コミを疑わしいと感じるひとつの要因にあるのか、弁護士や司法書士の公式サイトではなく第三者のインターネットサイトであるということだろう。企業が運営しているインターネットサイトであればまだ分かるが、個人が運営しているサイトであれば信憑性に欠ける。個人で運営する評判や口コミをまとめたサイトなどは、弁護士や司法書士を紹介して紹介料を得るためのサイトであるケースも多く、記載されているすべての内容が事実であるとは限らない。紹介料を得るために事実とは異なる内容を掲載している可能性も否定できないのだ。評判や口コミをまとめたサイトについては、何も過払い金請求に限ったことではなく、商品やサービスについて書かれたサイトもあるが、これらも同様に信憑性が高いとはいいがたい。しかも、評判や口コミというのは本人の感想であり客観性に基づいたものではない。書いた本人がどのように感じたのかということは、ほかの第三者から見たらまったく違う結果になることは珍しくない。そのため、評判や口コミというのは 100%信用するという気持ちではなく、あくまでも参考にする程度の気持ちで見るのが妥当だろう。

信用できないサイトを見分けるには?

では、評判や口コミが書かれているサイトの中で、信用できないサイトの特徴を知っておこう。まず、個人サイトである場合は信用できないと思っていいだろう。一部の企業サイトにも当てはまることだと思われるが、運営者が何者かが分からず、また掲載している内容について責任の所在を明記していないのであれば信用できるものではない。さらに、サイト内のあちこちにバナー広告が貼り付けられており、知りたい情報についての記載が薄いサイトも信用できないと考えられる。しかも、『弁護士事務所ランキング』などが掲載されているなら、そのページはすぐに閉じてしまっても問題はないだろう。もちろん、なぜランキング上位になっているのかを客観的、かつ明確な根拠を示しているのであれば依頼先選びの参考にできるかもしれないが、そこまでしているサイトというのはごく少数だろう。では、どのようなサイトであれば信用できるかということになるが、先に紹介したように100%信用できるというサイトは存在しないだろう。そのため、評判や口コミサイトを見るときは、弁護士や司法書士事務所の連絡先や所在地を確認するという使い方をして、信用できるか否かの判断は自分自身が実際に相談してみることが大切だろう。そもそも、口コミは匿名の情報であることから、それを信用するというのは難しいのではないだろうか。

依頼先選びのポイント1【過払い金請求を得意にしているか?】

過払い金請求は支払い過ぎた利息を取り戻せる制度だが、大切なお金を取り戻すのだからこそ信頼できる弁護士や司法書士を選びたいものだ。事務所選びの入り口は評判や口コミが書かれたサイトでも問題ないだろう。先に紹介したように、サイト内には弁護士や司法書士事務所のリンクが貼られていることから、逆に事務所を探す手間が省けて使い勝手がいいともいえるため、ある意味積極的な利用もいいのかもしれない。実際に事務所選びをする上で気をつけたいのが過払い金請求問題について得意にしているのかということだ。弁護士や司法書士の業務は過払い金請求だけを行うわけではなく、さまざまな業務を行っているのが通常だが、それぞれに得意とする分野があるため、借金問題に精通している専門家を選びたいところだ。公式サイトにはこれまでの実績などを紹介している事務所が多いため、それを参考にするといいだろう。また、過払い金請求においては貸し金業者との交渉を行うため、交渉力がどれだけあるかも判断する必要性がある。交渉力については実際に会って話をしてみなければ分からないところであり、面談した際に納得できる説明をしてもらえるかという点などを考慮して判断するといいだろう。

依頼先選びのポイント2【費用や期間についての説明があるか?】

過払い金請求を依頼するということは、多くの場合経済状況が思わしくないと考えられ、依頼する側としては、どれだけの費用がかかるのかとても気になる点ではないだろうか。人によっては過払い金請求にかかる費用を最重要視するかもしれない。過払い金請求において、弁護士や司法書士に依頼した場合の費用はそれぞれの事務所で異なるが、報酬の上限は弁護士会の規定や司法書士会の指針で定められており、その金額は実際に取り戻した金額の20%~25%だ。この数字の範囲内よりも多く請求するような弁護士や司法書士は問題外であるとして、どれだけ安く納めてくれるのかは依頼前の相談で確認しておくべきだろう。その際に期間についても同様に確認しておこう。

依頼先選びのポイント3【裁判まで持ち込むことを考えてくれるか?】

過払い金請求は和解交渉で決着することもあるが、依頼する側は貸金業者が提示する和解金に納得しない場合は訴訟に持ち込むことも可能だ。返還される金額は和解交渉よりも裁判のほうが多くなるケースが多いため、納得できない金額を提示してくるようなら訴訟を前向きに考えたいところだ。しかし、裁判をするとなれば手間や時間がかかるため、できるだけ和解交渉で済ませたいと考える弁護士や司法書士もいるようだ。依頼する側が金額よりも期間を優先し、多少金額が少なくても早めに解決したいという考えならばいいのだが、支払い過ぎた利息をすべて取り戻したいという意思があるなら話は別だ。事前の相談で和解交渉として戻ってくると予想される目安金額、訴訟により取り戻せる目安金額を説明してくれるかはひとつの判断材料になるため、少しでも多くの金額を取り戻したいのであれば、依頼先選びのポイントとして覚えておこう。

評判や口コミは目安にして判断は自分自身で!

過払い金請求をするために依頼先を選ぶには、最終的な判断は自分自身で行うことが大切だ。ただ、参考に評判や口コミを活用するのは弁護士や司法書士を探す手がかりとしては積極的に活用するのが良いだろう。評判や口コミを信用しすぎることは避けたいが、上手に活用することは後悔しない過払い金請求に繋がると考えられる。

弁護士が教える過払い金請求が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台と全国7事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能

    公式サイトへ

  • No.2
  • 樋口総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。樋口総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 街角法律相談所 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ