過払い金請求で弁護士に依頼するべき理由

過払い金請求で弁護士に依頼するべき理由

借金の返済中、あるいは借り入れをしていた経歴があり、過払い金請求を行おうか考えている場合は、弁護士に依頼をするのが望ましいだろう。弁護士に依頼をするとどうしてもお金を損してしまうという思考がぬぐえないかもしれない。しかし、過払い金請求予定の金額が大きい可能性が高いのなら、プロに頼んだほうが効率的である。過払い金請求をする際、なぜ弁護士へと依頼をしたほうがいいのかについて、具体的に説明をしていこう。

無料相談ができる?過払い金発生の状況の確認も!

すべての法律相談事務所が実行しているわけではないが、昨今では、無料相談を受け付けている所も多いのが特徴だ。もちろん、過払い金の返還請求を実際に行ってもらうためには相応の依頼料が必要となる。しかし、その前段階である相談料は請求されないこともあるのだ。過払い金請求をしたいとは思っているけれど何か不安なことがある、そもそも過払い金が発生しているかどうかがわからなくて困っているといった場合には有効活用できるだろう。特に、過払い金の有無を知りたいというときは、弁護士へと直接相談をすれば、簡単に調べてもらうことが可能だ。自分で調べるとなると手間と時間がかかる上、信用情報機関へと情報開示を求める場合には手数料が発生することもある。それに比べたら、法律相談事務所へと無料相談をしたほうが得策だといえるだろう。もちろん、名目上はあくまでも無料相談なので、できる内容としては相談に限られる。しかし、逆にいえば、相談自体は何でも聞いてくれるため、過払い金請求に関する不安や疑問が何かあるのなら、時間が許される限りで、さまざまな質問をぶつけてしまうのも手だろう。過払い金請求はお金に関するシビアな問題なので、手続き進行の依頼から完了までにかかるおおよその費用を質問してしまうのも手だ。前もって確認を取っておけば、後になってやっぱり弁護士に依頼をしなければよかったと後悔するような事態も避けられるだろう。また、借金返済中や、過払い金が本当に戻ってくるか不安を抱えている状態を和らげるという意味でも役立てられる。無料相談では、今後どうしていくべきかについて、的確なアドバイスをもらうこともできるため、精神的な負担を軽減するためにも、まずは相談から始めてみるのがベストだ。

手続きと交渉を代行してくれる!負担を大幅に軽減!

弁護士に過払い金の返還請求を依頼する最大の魅力といってもいいのが、手続きと交渉の代行を行ってくれるという点である。依頼をしなければ、自らの手でどれだけの過払い金が発生しているのかを調べ、書類の作成を行い、対象の企業へと直接交渉をしなければならない。しかし、弁護士へ依頼することで、これらの行程をほぼすべてにわたって代行してくれるのだ。そうすることによって、債務者本人である依頼人の精神的負担や時間的負担を大幅に軽減することができるだろう。当然ながら、過払い金の返還請求を進めるための手続きには慣れているため、自分で行うよりもスムーズにこなしてくれる。また、弁護士による返還請求ということで、対象の企業や業者の反応も変わってくるというメリットがあるだろう。個人ではなかなか情報の開示や交渉に応じてくれないことも珍しくはないが、弁護士からとなるときちんと応じてくれる所が多いのだ。もし裁判沙汰となった場合には、きちんと弁護も行ってくれる。過払い金を返還してもらうために必要となる証拠書類をきちんとまとめてくれるため、裁判自体も円滑に行うことができるだろう。きちんと過払い金が発生してさえいるのであれば、裁判に発展したとしても結果的には取り戻せる可能性のほうが圧倒的に高い。このように、依頼料を支払う代わりに、面倒な交渉や手続きをすべて任せられるというのが基本的なメリットだが、実は他にも依頼をすべき理由はある。自力で過払い金請求を行うとなると、請求内容に見落としがあったり、過払い金の計算間違いが生じたり、あるいは手続きや交渉に失敗をしたりといった問題が発生しがちだ。しかし、弁護士に任せれば、こういったミスを防ぐことも可能なのである。

いい条件で過払い金請求が可能!最大限に請求できる?

過払い金請求というと、発生した過払い金の額をすべて返してもらうことが当たり前というイメージが強いかもしれないが、実はそういうわけではない。過払い金請求の対象となる企業からしてみれば、当然ながら1度受け取ったお金をむざむざ返して損をするという事態はできる限り避けたいものだ。会社としての損害を増やさないようにするために、交渉の必要性が生じるのである。そのため、「過払い金が発生しているから全部返してくれ」と伝えるだけ伝えて、あっさり回収するというのはなかなかに難しい。会社側も何とか少ない金額で抑えようと和解交渉に持っていくことが多いため、過払い金の回収額はどうしても左右されてくるのである。特に、自力で交渉を行う場合には上手く丸め込まれてしまうことも珍しくはないので、きちんと請求を行うはずが、結果的にごくわずかの金額になってしまった、返還請求に失敗してしまったというケースもあるのだ。これだけいうと過払い金請求のハードルは非常に高く感じるかもしれないが、弁護士に任せれば、いい条件での請求が可能となる。もちろん弁護士の能力や実績も結果には反映されてくるが、きちんとした所であれば、最大限の金額を返還してもらうこともできるだろう。やり手の弁護士であれば、訴訟の際には過払い金以外にもお金を請求することもある。もちろん基本的には、本来予定していた請求額の規模が大きいケースに限られる。しかし、単純に過払い金が発生しただけではなく、他にも裁判沙汰になるような問題が生じているのなら、請求項目として加えることも可能だ。企業の経営状況を把握した上で、最善の方法を用いて効率的、かつ確実な過払い金の回収を行ってくれるだろう。

地方裁判所の訴訟でも?対応力の高さは弁護士ならでは!

弁護士に依頼をするべき理由のひとつとして欠かせないのが、地方裁判所での訴訟にも対応しているという点だ。過払い金請求をするための手続きや交渉は、弁護士以外だと、司法書士に代行依頼も可能である。しかし、司法書士の場合は過払い金請求の金額が140万円以上という規模であったとき、代理人として交渉手続きを進めることができない。また、地方裁判所で訴訟となった場合、司法書士は介入することが不可能なのだ。しかし、弁護士であれば、こういった制限は特に設けられていないため、どんな規模であっても過払い金請求を代理で進められる。この対応力の高さは弁護士ならではといっても過言ではないだろう。依頼前の時点で過払い金の金額がどれくらいなのかがまったくわからないケースや、返済期間が長期化した、あるいはしているというケースでは、最初から弁護士に依頼をしてしまうのが無難である。司法書士に依頼をしていて、過払い金が140万円を超えた場合、あるいは訴訟になった場合には、そこから先は自分で手続きを進めなければならなくなってしまう。請求先の会社との直接交渉を避けたいがために依頼をしていたのなら、それでは意味がなくなってしまうので、このようなケースでも弁護士に任せたほうが賢明だといえるだろう。過払い金を回収するまでの期間をただ短縮させることや、単純に手間を省くだけではなく、140万円以上の過払い金が発生した際や、裁判沙汰になった際にも対応可能という面から見ても、弁護士に委任をする価値は非常に高いといえる。

弁護士が教える過払い金請求が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台と全国7事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能

    公式サイトへ

  • No.2
  • 樋口総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。樋口総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 街角法律相談所 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ