過払い金請求を訴訟でおこなう方法

過払い金請求を訴訟でおこなう方法

過払い金請求は和解で終わるケースと訴訟にまでもつれ込むケースがあります。しかし、いきなり訴訟を起こすわけではありません。過払い請求はまず話し合いから始め、それでも無理なら訴訟という順番になるのが一般的です。和解で解決するケースが多いとはいえ、相手の経営状態が悪い場合や過払い金の金額が大きい場合には、希望とかけ離れた金額が提示されるなど、話し合いだけでは解決しないこともよくあります。そのような場合に備えて、訴訟の方法も知っておきましょう。

過払い金請求から訴訟に至るまでの手順は?

過払い金請求ではいきなり訴訟からということはしないため、過払い請求を起こすところから手順を説明します。過払い金はグレーゾーン金利が存在した2007年以前の借金で発生している可能性があるものです。そのため、2007年以前に消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などでキャッシングなどの取引をした経験のある人が過払い金請求の対象になります。2007年以前から継続していた借金も対象になるため、それらの取引に対して過払い金があるかどうか、あるとすればいくらになるのかを調べる。ただし、過払い金請求する権利は、完済後10年で消滅時効にかかってしまいます。だから、現時点で10年前までに完済してしまっている分は過払い金があることがわかっても返還請求できません。以上の条件に合致していて、過払い金が発生している可能性があるなら、取引をした消費者金融や信販会社などに対して取引履歴の開示請求をおこなう。つまり、どういう取引をしたのか詳細を書いたものを送ってほしいという請求をするのです。吸収合併を繰り返しているような貸金業者は、一部の時期の取引履歴が残っていなかったり、なかなか開示されなかったりするが、正確な過払い金を計算するためには必要な作業のため、できる限り粘って取引履歴を取り寄せるようにしましょう。しかし、中には本当に取引履歴が残っていないケースもあります。そのような場合は、推定計算するしかない。取引履歴が手元に届いたら、その内容をもとに、正確な過払い金の額を計算します。この計算は専門家に依頼した方が安心ですが、自分でおこなうなら過払い金を計算できるソフトもあります。ソフトを使って自分で計算する場合には、入力の時点で間違ってしまうと正しい数字が出ないため、正しく入力したかどうかの確認をしっかりおこなうようにしましょう。正確な過払い金の額がわかったら、いよいよ取引先に対しての過払い金請求です。過払い金請求の方法としては、過払い金請求書を相手に郵送するか、直接電話で請求するのが一般的です。過払い金請求書を送った場合でも、直接電話での交渉する必要はあるため、相手に実際の過払い金よりも安い金額を提示されてもそこで妥協しないように、最初から最低ラインを決めておくのがおすすめです。ここまでの手順で和解に至れば訴訟は必要ないが、満額の返還を求める場合や、納得のいく回答が得られなかった場合には、過払い金返還請求訴訟を起こす形で解決を図ることになります。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求を訴訟でおこなうときに必要なものは?

過払い金請求をした結果、和解が成立しなかった場合には、裁判所に対して過払い金返還請求訴訟を提起します。そのためには、まず必要書類を集めなければなりません。過払い金返還請求訴訟に必要な書類には次のようなものがあります。

1)訴状

どのような訴えを起こすかを書いたもの。正本と副本の2通が必要になります。

2)取引履歴

どんな取引の結果過払い金が発生しているのかがわからなければ、裁判所はどちらの言い分が正しいかを判断できません。取引履歴も正本と副本の2通が必要です。

3)証拠説明書

裁判所と訴訟の相手となる貸金業者に対して、どんな事実を証明するためにどんな証拠があるかを示した一覧とそれに対する説明書。これも正本と副本の2通が必要です。

4)引き直し計算書

引き直し計算とは、取引履歴の内容から、過払い金がいくら発生しているかを正しく計算することです。そのため、引き直し計算書は、過払い金の金額を照明する証拠の1つとなります。これも正本と副本の2通が必要です。

5)登記簿謄本

貸金業者の実態がわかるものとして必要な書類です。登記簿謄本は、法務局にいき所定の用紙に貸金業者の名前と本店の所在地を記入して申請すれば取得可能です。

訴訟のための書類をそろえたら、次は費用です。訴訟には次のような費用がかかります。

1)印紙代

お金の返還が訴訟の内容のため、訴状に印紙を貼る必要があります。印紙の金額は請求する過払い金の金額によって変動します。

2)郵便切手代

裁判所には正本、副本2通の書類を提出するが、1通は貸金業者に対するものです。裁判所が貸金業者に必要書類を送付するため、郵便切手が必要になります。金額はおよそ6000円ですが、裁判所によって若干違いがあります。

3)登記簿謄本を取得するための費用

必要書類の中に含まれる登記簿謄本を取得するための費用です。取得申請をする際に印紙代がかかります。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台と全国7事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025

    公式サイトへ

  • No.2
  • 樋口総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。樋口総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.3
  • 街角法律相談所 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

過払い金返還請求訴訟の訴え方は?

過払い金返還請求訴訟は、個人でもおこなうことができます。貸金業者を管轄する裁判所に対して、訴訟に必要な書類を提出すればそれで可能になります。貸金業者を管轄する裁判所がわからない場合は、契約時の書類を確認します。契約書が見つからない場合には、相手の貸金業者に訴訟を起こすことを伝え、どの裁判所が管轄なのかを聞けばわかる。過払い金の訴訟で気を付けなければならないのは、提出先の裁判所が過払い金の金額によって変わる点です。過払い金の金額が140万円以下であれば訴状を提出するのは簡易裁判所になりますが、140万円を超えている場合には地方裁判所になります。簡易裁判所の場合は、訴訟を起こす本人でも、弁護士資格を持たない代理人でも訴状を受け付けてもらえるが、地方裁判所に提出しなければならない場合には、弁護士資格のない人は代理人になれない。訴訟に発展するような過払い金返還訴訟の場合、金額が大きいことも多く、自分では訴訟を起こせないケースもあるため覚えておきましょう。

事務所に相談する前に無料・匿名で過払い金・減額をシミュレーション

\おすすめです/

過払い金請求や債務整理をしようと思っても弁護士、司法書士に依頼するのは・・・。怒られるんじゃないか。どんなこと聞かれるのか。費用がたくさんかかるんじゃないか。とても心配ですよね。そんな方におすすめなのが街角法律相談所。

街角法律相談所なら、無料・匿名で過払い金や減額のシミュレーションができます。事務所に相談する前に匿名でOKで、無料で診断ができ、今すぐシミュレーションができます。

街角法律相談所の公式サイトを見てみる

過払い金を取り返すなら弁護士に依頼する方が有利

過払い金請求は個人でもすることができますが、和解で済むケースでも訴訟にもつれ込むケースでも、有利にすすめたいなら弁護士に依頼するのが賢明です。というのも、過払い金を取り返そうとする側よりも相手の貸金業者の方が過払い金請求に関しての知識があることが多いからです。そもそも、過払い金自体が、2つの法律のグレーゾーンから生じた利息分で、そのことに気付かずに支払っていた人が過払い金請求を起こす側になっています。そのため、返還請求されるのに慣れている貸金業者が提示する和解の内容は満額よりもかなり低いことが多いのです。しかし、法律に詳しい弁護士や司法書士が交渉に当たれば相手も足元を見ることができなくなります。実際に、和解でも訴訟でも、個人でおこなった場合と法律の専門家に依頼した場合では返還率が1割~3割程度違ってきます。ただし、訴訟を弁護士や司法書士に任せた場合には、費用が余分にかかることは覚悟しておく必要があります。とは言っても、裁判費用のことではありません。印紙代、郵券代、登記簿謄本などにかかった裁判費用は敗者負担となるため、勝訴すれば相手が支払ってくれます。和解した場合は双方の負担になりますが、数万円程度です。訴訟に強い弁護士に依頼すると満額返還される可能性は増えるが、その分弁護士の報酬も増える可能性があります。だから、いくら返ってきたらいくら報酬として払わなければならないのかをあらかじめシミュレーションしておく必要はあるでしょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台と全国7事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025

    公式サイトへ

  • No.2
  • 樋口総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。樋口総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.3
  • 街角法律相談所 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守