過払い金請求で司法書士に依頼するべき理由

過払い金請求で司法書士に依頼するべき理由

過払い金請求で司法書士に依頼するべき理由

過払い金請求をプロに委任するというと、弁護士に依頼するというイメージが強いだろうか。しかし、弁護士だけではなく、司法書士に依頼をして、同じように過払い金請求を行うことは可能である。だが、司法書士に過払い金請求の依頼をするメリットとしてどのようなものがあるのかは、まったくわからない人も少なくないかもしれない。そこで、司法書士に依頼をすべき理由やメリットとしてどのような特徴があるのかについて解説していこう。

借入額次第?140万円以下のときは依頼すべき?

司法書士に依頼をするのが有効かどうかは、まず発生している過払い金請求をする会社への借入額によって左右されてくるだろう。なぜなら、司法書士の場合は、過払い金請求を行う対象の企業1社につき、債務額が140万円を超えている場合に代理交渉を行えないためだ。つまり、借金の規模が大きい場合には、司法書士では対応しきれなくなってしまうため、依頼をするのなら弁護士のほうが適切となる。逆に、140万円以下であるなら、弁護士と同様に対応が可能なので、滞りなく依頼をすることができるだろう。しかし、司法書士なら誰でもいいというわけではなく、認定司法書士のみが過払い金請求の交渉が行えるという仕組みであるため、ここは注意しなければならない。以上の条件を満たしていれば、円滑に過払い金請求を依頼することが可能である。借入額が140万円以上、かつ地方裁判所での訴訟となると、司法書士は弁護や介入ができないが、本人訴訟支援として書類作成のサポートをすること自体はできるようになっている。この場合は、基本的に債務者本人、つまり、依頼した側が直接裁判に出廷する必要性が生じてくることになるだろう。司法書士に依頼をする仕事が代理業務ではなく、代書業務となれば、弁護士より依頼にかかる費用を安く済ませられるケースもあるというメリットがある。司法書士はいわゆる書類作成のプロであるため、140万円以下、つまり規模の小さい過払い金請求ならスムーズに進めることができるだろう。裁判沙汰にするほどの過払い金にはならないと予測できる場合、その分だけ返還できるお金も少なくなってくるため、専門家への依頼料を考えたうえでは司法書士へ頼んだほうが賢明である。

相場としては弁護士よりも費用は安い?事務所選びで変わる?

あくまでも相場としてなので、絶対とはいいきれないが、過払い金請求の依頼料は弁護士よりも認定司法書士のほうが安い傾向にある。対応できる範囲が定められているものの、依頼料が弁護士よりかからないというのは大きなメリットだといえる。委託した時点で依頼料すべての支払いが発生するわけではなく、主な料金は成果報酬となるのが基本である。そのため、過払い金請求をした所、依頼料のほうが高かったという結果になることも避けられるだろう。ただ、認定司法書士の中でも、価格設定や対応の仕方には差があるため、相談料や着手金がかかるかどうかというのも場所によって異なってくる。少しでも費用をかけたくないのであれば、相談料や着手金がかからないような司法書士に依頼をしてみるという手段が最適である。もちろん、一概に安ければいいというわけではないが、問題なく過払い金を回収できるような事務所であるなら、その中で探したり、比較してみたりするのもいいだろう。口コミや評判を簡単に調べてみるだけではなく、少し手間や時間はかかってくるが、無料相談を受け付けている司法書士の事務所へと自らの足でいくつか直接訪れてみるというのもひとつの手である。この時点で成功報酬についての話も聞いておけば、事務所ごとの具体的な報酬額の違いも見えてくるだろう。また、自分と司法書士との相性がいいかどうか、どの事務所がしっかりと対応してくれそうかなどといった点も比較を通して判断しやすくなるのも大きな魅力だ。無料相談という宣伝文句を掲げているにも関わらず、実際には相談料を要求するといったことはないので、安心して訪れてみるといいだろう。

まだ返済中でも大丈夫!?プレッシャーの軽減に役立つ

司法書士へと依頼をするメリットとしては、委任契約を結ぶことで、対象の企業へと受任通知を送ってくれるという点も挙げられる。この受任通知が届くことによって、その業者は債務者本人への取り立ては行えなくなるのである。つまり、毎日、あるいは毎月定期的に来ていた電話や手紙による返済の催促は来なくなる。既に完済している場合には、借金を取り立てられているわけではないのであまり関係ないかもしれないが、まだ返済中であったなら、プレッシャーの軽減に大いに役立つだろう。司法書士を介入させることによって、債務者本人を守る盾にもなってくれるため、精神的な負担を軽減しながら過払い金請求をしたいというときには積極的に依頼を行ったほうがいい。また、司法書士に委任し、業者による請求や取り立てがなくなるということは、一時的にではあるが、問題が解決するまで借金の返済を止めることも可能だ。借金が完全になくなってしまうというわけではないが、過払い金請求の結果がどうなるかによって、返済額も大きく変わってくる可能性がある。そのため、返還請求の交渉中は、借金の返済について考える必要性はまったくなくなるだろう。過払い金請求によって、残っていた借金がすべて相殺される可能性もある。借金すべてがなくならなかったとしても、過払い金が確かにあるのなら、返済予定だった金額を減額させることもできるだろう。このように、完済後に限らず、借金の返済途中であっても過払い金請求が行えるうえに、精神的な負担がなくなることで気持ちも非常に楽になるので、まずは無料で司法書士に相談してみるといい。

弁護士とは対応の方法が異なる!司法書士の役割って?

弁護士の場合は、業者との直接交渉や訴訟への対応を得意としているが、司法書士は、法律に基づいた書類の作成に特化しているのが大きな特徴である。140万円以下の債務に関する過払い金請求の手順については、弁護士と認定司法書士でできること自体に関して特筆するような大きな差は見られない。司法書士であっても、過払い金請求の代理人を務め、交渉や訴訟対応を行うことは可能だ。しかし、認定司法書士でない限りは代理人として過払い金請求の交渉や手続きの進行を行えないため、対応の方法としては基本的に書類の作成に限られると考えておいたほうがよいだろう。そのため、司法書士に依頼をするのは、過払い金請求の交渉や手続き、および訴訟までのすべての進行を一任したいケースよりも、自分自身である程度は交渉を行える、あるいは行ってきたというケースが望ましい。つまり、交渉や手続きについては自分で行いたい、費用をできる限り抑えたいといったとき、書類作成のサポートとして司法書士を利用するのがベストということだ。もちろん、すべてを一任したいというケースでも、認定司法書士であれば、問題なく任せることができるだろう。ただ、弁護士ではなく、あえて司法書士に依頼をするのなら、前者のほうが有効的である。司法書士は本来、過払い金請求に特化しているわけではないため、実績のある事務所選びが非常に重要となってくるだろう。昨今では過払い金請求の経験を積んできた司法書士事務所も少なくはないため、適切な対応が行える司法書士を見つけるのもそれほど難しくはない。過払い金請求の依頼先として人気を得ている司法書士事務所も多いため、その中で自分自身の希望に合った所を探してみることをすすめる。

弁護士が教える過払い金請求が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台と全国7事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能

    公式サイトへ

  • No.2
  • 樋口総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。樋口総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 街角法律相談所 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ