過払い金請求を連帯保証人ができるケース

過払い金請求を連帯保証人ができるケース

過払い金請求をするとなると債務者本人やその家族に限定される問題と思うかもしれません。しかし、特定の条件下であれば、連帯保証人が過払い金請求をおこなうことも可能です具体的な条件としては、大きく分けて2種類あるため、状況に応じて適切な対応をしていくといいでしょう。また、連帯保証人ならではの過払い金の請求額に関する問題もあります。今回は、連帯保証人が請求を行える条件と、具体的な請求額について紹介しきましょう。

債務者が借金を返せない!その時点で過払い金が発生していたら

債務者がおり、その連帯保証人となっている場合でも、本来であれば、過払い金請求を代わりにおこなったり、介入したりすることは不可能ですですが、債務者本人が経済的に破たんしてしまう、怪我や病気によって支払い能力がなくなってしまうなどといった理由で、返せなくなった場合、その影響で連帯保証人へと借金返済の請求が移行したとき、過払い金の請求をおこなうことが可能になる場合はあるのです。それは、債務者本人が借金の返済をおこなっていた時点で、すでに過払い金が発生していた場合です過払い金が発生している借金をそのまま引き継ぐということは、連帯保証人も同時に過払い金が生じてしまっているということです。借金返済に関わるということは、同時に連帯保証人も過払い金請求をおこなう権限を与えられるのですしかし、あくまでもそれぞれが返済した額、あるいは返済する予定の額に該当する過払い金のみが対象となるので覚えておくといいでしょう。簡単に説明をするならば、連帯保証人は債務者本人が支払った分の中から、債務者本人は連帯保証人が支払った分、あるいはこれから支払う分の中から過払い金請求をおこなうことはできないということです債務者本人にしても、連帯保証人にしても、どちらも自分自身がおこなう返済の範囲内で過払い金請求をおこなうことになります。債務者本人による支払いが不可能になってしまった時点で、連帯保証人は過払い金が発生しているかどうかについて、自分で引き直し計算、あるいは弁護士や司法書士へ依頼するといいでしょう。債務者本人の代わりに借金の返済をおこなう負担を少しでも軽減してもらいたい場合には、本人と一緒に過払い金請求の手続きを進めることを促すのが望ましい。借金返済が不可能になり、連帯保証人にそのまま任せてしまうような人物の場合、多くは過払い金請求に関しても特に関心を示さないことは珍しくないでしょう。きちんと責任を持って借金を返済させる意識を持ってもらうためにも、過払い金請求をおこなうことに対する説得はしておいたほうがいい。何よりも、そのまま放置をすると連帯保証人が損をしてしまうだけになります。そうならないためにも、同時進行で過払い金請求を進めていくといいでしょう。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

連帯保証人が借金返済!返済開始後の過払い金はどうなる?

連帯保証人が過払い金請求を行えるもうひとつの条件は、債務者本人の代わりに借金返済を開始した後に過払い金が発生した場合です契約者は債務者本人であったとしても、この場合は、過払い金請求を行えるようになっているのは連帯保証人のみだというのが特徴です。なぜならば、債務者本人が支払っていた時点では過払い金が発生していないため、そもそも支払ってもらうような過払い金がまったくないからです連帯保証人が返済をおこなっているのなら、そのときに発生した余分な金利の返還請求の権限があるのは、当然ながら支払いをおこなった人物に限られるのです。この場合は、連帯保証人のみに影響している問題となるため、債務者本人に対して、過払い金請求をおこなう旨を伝える必要も、その許可を取る必要も皆無であるといえるでしょう。他に特筆すべきこととして、返還請求先である金融業者に対して過払い金請求をおこなったとき、債務者本人との連絡が取れない場合は返還に応じられないといった対応をする場合があります。しかし、、返還請求を免れるための口実でしかなく、特にこのような法律上の決まりはないので気にする必要はないでしょう。自力で過払い金請求の申し立てや交渉をおこなっている場合には、この要求に応じないことにはいつまでも話が進展しないこともありますが、弁護士や司法書士に依頼をしているのなら、一任してしまえばまったく問題はありません。債務者本人から借金の返済を完全に引き継いでしまっている場合には、自分自身の債務と同様の感覚で扱っていいでしょう。万が一、債務者本人に、連帯保証人が返済しているお金に過払い金が発生していることが発覚した場合でも、特に問題視する必要はありません。前述した通り、債務者本人による過払い金請求は行えないためです契約者本人であることを主張したとしても、自分で返済していないものに関しては介入することはできません。そのため、すでに連帯保証人が借金の返済にあたっている場合、債務者本人によって無断で過払い金の返還金を着服されてしまうという事態にはならないので安心していいでしょう。しかし、債務者本人が法律上の知識に詳しくはなかった場合、あらかじめ本人に請求できる権限がないことを伝えておいたほうがトラブルになる事態は避けやすくなるのも確かです。また、連帯保証人が過払い金請求をおこなうにあたっては、債務者本人ではなく、自らが支払ったという証明をしなければなりません。単純に連帯保証人であることを証明するだけではなく、支払ったという証拠として明細書を取っておくと、スムーズに過払い金請求を行えるでしょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台と全国7事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025

    公式サイトへ

  • No.2
  • 樋口総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。樋口総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.3
  • 街角法律相談所 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

過払い金で取り戻せる額!連帯保証人だとどのくらいになる?

連帯保証人が取り戻せる額についてですが、基本的に、自らが返済をおこなっている借金で発生した過払い金の額が最大と考えていいでしょう。つまり、仮に連帯保証人が50万円の過払い金を支払っている、あるいは支払うことになっていることが発覚した場合、最大で50万円の返還が行えるということです。しかし、あくまでも最大の金額であるため、交渉や訴訟の結果次第ではそれよりも少なくなる場合もあるでしょう。過払い金の規模が大きく、訴訟による解決となった場合には、他の名目でお金を要求することも可能なため、弁護士の技量次第で、本来の過払い金以上の金額を手にすることができるかもしれません。しかし、あくまでも特別に上手くいった場合であるため、そのようなケースに期待し過ぎないことが重要です逆に、過払い金請求の交渉が上手くいかなかった場合には、和解金としてわずかな金額しか得られないこともあります。このような事態を避けるためには、有能な弁護士や司法書士選びが必要不可欠となってくるでしょう。また、できる限り借金の完済後ではなく、返済途中の時点で過払い金請求をおこなってしまうというのもひとつの手段です。支払いがまだ完了していないということは、取り戻さなければならないお金もその分少なくて済むということです過払い金による被害を最小限に抑えたいのであれば、早めに手を打ってしまうのが有効的な手段といえるでしょう。その他の方法として有効なのは、債務者本人にも過払い金が発生していた場合、その請求をおこなってもらうことが挙げられます。そのお金が債務者本人の手によって連帯保証人にわたるとは限らないが、借金返済を肩代わりしているのだから、返還金によって少しでもお金を返してもらうというのも大切なポイントとなるでしょう。これ以上、金銭的なトラブルに巻き込まれたくないようであれば、無理に実行する必要はありませんが、債務者本人の性格次第では1度説得をしてみる価値はあるといえます。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台と全国7事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025

    公式サイトへ

  • No.2
  • 樋口総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。樋口総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.3
  • 街角法律相談所 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守