過払い金請求で住宅ローンに影響がでるケース

過払い金請求で住宅ローンに影響がでるケース

過払い金請求をする場合、住宅ローンに影響がでるのか気になるでしょう。多くの人は住宅を購入する際、住宅ローンを利用するからです。もし過払い金請求をして住宅ローンが組めなくなれば、住宅を購入することが難しくなります。そのため過払い金請求が住宅ローンに与える影響を確認しておく必要があります。住宅ローンの審査の際、過払い金請求の影響を受けてしまう場合があるので注意しなければなりません。そこで過払い金請求で住宅ローンに影響がでるケースについて見ていきましょう。

過払い金請求で住宅ローンに影響がでる原因は信用情報にアリ

過払い金請求の与える影響を見る前に住宅ローンについて見ていくことにしましょう。住宅ローンは人が住宅購入資金を調達する目的で利用するローンですこのローンで融資を受けたお金は住宅を購入したり、建てたりする場合などに利用しなければなりません。住宅を購入したり、建てたりする場合、数千万円単位のお金がかかります。そのため住宅ローンで融資を受ける額も通常数千万円単位にのぼるため、厳格な審査をすることになります。住宅ローンの審査基準のひとつに信用情報があります。信用情報とは人の属性や借入に関する事項が登録されているデータのことを言います。金融業者は融資する場合、信用を重視します。そのため信用情報に事故情報が登録されていないかチェックするのです。延滞や債務整理など事故事項が登録されている場合、信用に問題アリとの理由で審査に落とされてしまいます。そこで過払い金請求をすると信用情報に事故情報が登録されてしまうかが問題となります。もし登録されてしまった場合、住宅ローンを利用する際、審査に影響がでてしまうからです。過払い金請求で回収したお金を住宅購入資金に当てたいと考え、急いで手続きしたいと考えている人もいるでしょう。しかしこの手続きによって住宅ローンが利用できなくなってしまっては意味がありません。そのため過払い金請求する前、信用情報に事故情報が登録されるか否かを確認しておく必要があるでしょう。以前は過払い金請求をすると信用情報に事故情報として登録されていました。住宅ローンだけでなく、カードローンやクレジットカードが利用できなくなるので、手続きを躊躇する者も少なくなかったのです。そのような問題もあってか2010年4月に金融庁は過払い金請求したときに登録された事故情報はすべて削除する旨の通達をだしました。これによって過払い金請求をしても信用情報に事故情報が残らなくなったのです。ただ例外として信用情報に事故情報が登録される場合があります。そのため過払い金請求をしても住宅ローンに影響がでるケースがあるので注意が必要です。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

借金が残った場合、住宅ローン審査に影響がでる

過払い金請求をすると住宅ローンの審査に影響がでる場合があります。どのような場合に影響がでるのかというと過払い金請求をして借金が残った場合です。例えば100万円の借金をしていた場合、過払い金請求によって99万円取り戻したとしましょう。それを借金返済に当てると残り1万円の借金が残ります。過払い金請求をしてこのような状況になると住宅ローン審査に影響がでてしまうので気をつけなければなりません。これに対してすでに借金完済している人が過払い金請求をする場合、影響はありません。借金はあっても回収した過払い金で完済できた場合も同様です。これらの場合、過払い金請求する際、住宅ローンへの影響を考えなくてもいいでしょう。過払い金請求をして借金が残った場合、住宅ローンの審査に影響がでるのは、信用情報に事故情報が登録されてしまうからです。回収した過払い金を返済に当てても借金が残る状態は、任意整理で借金を減額させたことと同じですそのため債務整理をしたという扱いを受けてしまい、信用情報に事故情報として登録されてしまうのです。これによって住宅ローンの審査に通過するのは難しくなってしまいます。一方、すでに完済している人が過払い金請求をしたり、回収した過払い金で借金を完済させたりした場合、信用情報に事故情報として登録されません。過払い金請求は債務整理とは違うというのがその理由です。過払い金請求は本来払うべき義務のないお金を余計に払ってしまったのでそれを返還してもらうための手続きです。一方債務整理は借金の返済が困難になってしまったので、債権者の協力を得ながら借金の減額をしたり、返済方法を変更したりして処理する手続きです。過払い金請求は債務整理とは違い、金融事故に当たるような手続きではありません。そのため信用情報に事故情報として登録されることなく、住宅ローンの審査にも影響がでないのです。住宅ローンの利用を予定している人が過払い金請求をする場合、手続き後に借金が残らないかどうかしっかり確認しておかなければなりません。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台と全国7事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025

    公式サイトへ

  • No.2
  • 樋口総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。樋口総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.3
  • 街角法律相談所 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

過払い金請求で借金が残る場合の具体例

過払い金請求後、借金が残ると住宅ローンの審査に影響がでてしまうことになります。そのため過払い金請求後、借金が残るケースをしっかり把握しておかなければならないでしょう。具体例をいくつかあげるとまず負っている借金に過払い金が発生していますが、借金額のほうが大きい場合です。例えば当初借金が50万円あり、その借金の中で過払い金が30万円発生しているときですこの場合過払い金の30万円を返済資金に充てるので、借金が20万円残ることになります。クレジットカードのショッピング残高がある場合もこれに該当するときがあります。ショッピング残高が30万円あり、同じカードのキャッシング枠から20万円の過払い金を回収したとします。この過払い金はショッピング残高の支払いに充当され、ショッピング残高が10万円となります。クレジットカードのショッピング枠は過払い金請求の対象外です。そのため手続きをする際、ショッピング残高の存在を忘れてしまうので気をつけなければなりません。同様に銀行カードローンで借金している場合もこのような状況になりやすい。銀行カードローンで借入する場合、保証会社の保証を受けるのが一般的です。この保証会社になるのは銀行と提携している消費者金融であることが多いです。銀行カードローンで借入がある場合、その保証会社となっている消費者金融から過払い金を回収すると、それが銀行カードローン残高の返済に当てられることになります。例えば銀行カードローンの借入額が15万円あり、消費者金融から10万円の過払い金を回収したとします。この場合回収した過払い金10万円が返済に当てられ、銀行カードローンの借金が5万円残ってしまいます。過払い金請求をする場合、消費者金融からの借金だけではなく、クレジットカードのショッピング残高や銀行カードローン残高にも目を配ることが大切です。

事務所に相談する前に無料・匿名で過払い金・減額をシミュレーション

\おすすめです/

過払い金請求や債務整理をしようと思っても弁護士、司法書士に依頼するのは・・・。怒られるんじゃないか。どんなこと聞かれるのか。費用がたくさんかかるんじゃないか。とても心配ですよね。そんな方におすすめなのが街角法律相談所。

街角法律相談所なら、無料・匿名で過払い金や減額のシミュレーションができます。事務所に相談する前に匿名でOKで、無料で診断ができ、今すぐシミュレーションができます。

街角法律相談所の公式サイトを見てみる

住宅ローン利用中の過払い金請求は影響がでるの?

住宅ローンを利用している場合にも、過払い金請求するとどのような影響があるか気になるのではないでしょうか。しかしこの場合、住宅ローンの審査時とは違い、基本的に影響はありません。そのため安心して過払い金請求の手続きをすればいいでしょう。住宅ローンの契約をする場合、お金の貸し借りに関する金銭消費貸借契約と担保を設定するための抵当権設定契約を締結することになります。どちらの契約書にも通常、期限の利益喪失に関する条項が定められています。期限の利益を喪失するとただちに一括で債務を返済しなければならなくなります。そのため期限の利益喪失の条項に過払い金請求をしたことが定められていれば、住宅ローンに影響がでるでしょう。しかし期限の利益喪失の条項に過払い金請求をしたことは含まれていません。数回以上支払いが遅れた場合、手形、小切手の不渡りをだした場合、差押を受けた場合、自己破産や個人再生をした場合などが一般的に期限の利益喪失原因として定められています。そのため過払い金請求しただけでは期限の利益を喪失しないため、住宅ローンへの影響はないのです。ただ過払い金請求をして、借金が残ってしまった場合、信用情報に事故情報が登録されてしまうことになります。もし住宅ローンを利用している銀行側に見られたら、影響がでるのではとも考えられるでしょう。しかし、このような場合でも、住宅ローン契約に影響はないので心配する必要はありません。確かに信用情報に事故情報が登録されていれば、銀行側も悪い印象を持つでしょう。だからといって契約書で定められている事項以外の理由で一方的に契約を変更できません。そのため過払い金請求したことを銀行側に知られても、住宅ローンに影響がでることは基本的にないのです

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台と全国7事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025

    公式サイトへ

  • No.2
  • 樋口総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。樋口総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.3
  • 街角法律相談所 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守