過払い金請求のデメリットとメリット

過払い金請求のデメリットとメリット

法律事務所などが過払い金請求期限に関する警告と宣伝を込めて「過払い金請求の期限が近づいています」と訴えるコマーシャルをテレビなどで目にすることがある。「払い過ぎた利息は取り戻せます」と言っているため、過払い金とは文字通り払う必要がなかったものを多く払い過ぎたものだろうということは想像できるが、詳しいことはわからない人も多いのではないだろうか。そこで、過払い金とは何か、過払い金請求をする注意点とメリットとデメリットは何かについてお伝えする。

過払い金請求をするメリットと注意点とは?

過払い金請求のメリットとデメリットを理解するためには、過払い金とは何かを正しく理解しておくことが先決だ。過払い金とは、払い過ぎた利息のことだが、何に対して払い過ぎたのかを理解することがポイントだ。金銭の借入をした場合は一般的には利息を支払う必要があるが、その利率は契約によって決まるものである。しかし、金銭の賃貸借契約は、どうしても借りる側の立場が弱くなりがちであるため、借りる側を保護する法律があるのだ。具体的には、利息制限法という法律によって、賃貸借契約金額に応じて3段階で制限利息が決まっている。元本が100万円以上で、制限利息は年利15%、元本が10万円以上で100万円未満の場合は年利18%、そして元本が10万円未満の場合は年利20%とされている。元本とは、当初借り入れた金額のことであり、過払い金とは、この制限利息を超えた利息を支払っている分のことを指す。

しかし、ここで疑問が浮かんでくる。利息制限法で制限利息が決まっているのであれば、貸金業者が金銭消費貸借契約において利息制限法を超える利息を提示すること自体がいけないのではないか?なぜそんな契約書にサインをしてしまう人が多数出てしまったのか?という疑問だ。その理由は、出資法の制限利息が利息制限法の上限よりも高かったからだといえるだろう。出資することとお金を貸すことは違うが、利息制限法が適用されるべき貸付けに関しても、出資法に該当する出資という扱いで出資法の上限金利を適用して貸付けを行っていた業者がたくさん存在していたのだ。そういった説明を真に受けて高い金利で契約してしまったというのが過払い金が発生した理由だ。

出資法における上限利息は29.2%だった。もし、この上限利息を貸金業者に支払っている場合、29.2%の上限利息と利息制限法の上限利利息である15%から20%との差は無効になるため、貸金業者に対して返還請求して取り戻すことができる。これが過払い金請求だ。この金利差の部分はグレーゾーンと呼ばれている。自分で計算し請求することも可能だが、法律的な専門知識が必要となるため、弁護士などの専門家に依頼して過払い金請求をするのが一般的だといわれている。現在は、出資法の上限金利は20%に引き下げられているためグレーゾーンはなくなっているが、過去に発生した過払い金については、返還請求できる期限が決められているため、返還請求をしたいと考えている人は期限までに請求する必要がある。

過払い金とは?過払い金請求とは?

過払い金の請求をするメリットのうち最大のものは、払い過ぎた利息を現金で取り戻すことができることだろう。弁護士などのサポートを得た場合は一定の報酬を支払う必要があるが、それでもかなりの部分は自分の手元に残るはずだ。借入金の返済を完了している人にとっては、過払い金の額はそのまま予定外の臨時収入になるため家計が楽になる点がメリットといえる。また、返済残高が残っている場合であっても、返済金額の中に含まれる過払い利息分については、借入金の元本が減少する扱いとなるため、借入金残高を圧縮できるというケースもある。ただし、こちらは過払い金請求ではなく、債務整理の範疇になる。いずれにしろ支払うべき利息の負担が減るという経済的な効果が最大のメリットだ。

ただし注意点もある。過払い金返還請求については請求期限が定められているという点だ。過払い金請求は完済してから10年以内が期限とされている。グレーゾーン金利が発生していた時期を勘案すると、2007年以前の借入金が過払い金請求の対象となると考えられる。グレーゾーン金利が改正により撤廃された時期から10年が経過すると返還請求できなくなるため、2007年以前に借入金を高い利息を支払って完済してしまっている人は返還請求ができないことになるだろう。返済途中であれば期限である10年のカウントはスタートしない。元本や返済期間にもよるが、過払い金請求の金額は多額になるケースもある。自分の借入金が該当するかどうかはしっかり確認しておく必要があるだろう。

過払い金請求にはもう1つメリットがあるといわれている。それはブラックリストに登録されないという点だ。法律違反の金銭消費貸借契約書であったとしても、過払い金請求をするということは、契約通りの返済を履行しないことを意味することになる。過払い金請求をしたらブラックリストに登録されてしまうのは納得できないと感じるだろう。返済が完了している借入金に関する過払い金請求であればブラックリストに登録されることはないため、安心して返還請求できる。

過払い金請求にはデメリットもある

過払い金請求にはメリットがある一方で、デメリットもある。大きく分けるとデメリットは3つある。1つ目はブラックリストへの登録、2つ目は請求した業者からは新たに借入できないこと、3つ目は完済後10年という請求期限があることだ。

1つ目のブラックリストへの登録については、メリットの中でブラックリストには登録されないとしていた内容と矛盾するように感じるだろう。ポイントは、返済中の過払い金請求は債務整理扱いとなる点だ。返済が完了している借入金について過払い金請求をする場合はブラックリストに登録されないが、返済中の借入金についてはブラックリストに登録されることになる点は知っておく必要があるだろう。ただし、返済中の借入金であっても返還された過払い金で借入金を完済した場合は、完済した借入金に関する過払い金請求と同じ扱いとなり、ブラックリストから削除してもらうことができることになっている。

2つ目のデメリットは、同じ業者から新たな借り入れはできないという点だ。大変な苦労をしながら返済して過払い金請求をした貸金業者から、またお金を借りようと考える人は少ないだろうが、借入先が限定されるという意味ではデメリットといえる。

3つ目のデメリットは、完済後10年という請求期限があることだ。メリットのご紹介の中で注意点として触れた内容だが、請求期限を超えてしまった場合は、仮に過払い金が発生していた状況であっても取り戻すことができなくなってしまうのはデメリットといえる。請求期限までに請求することが大切だ。請求先の貸金業者が会社名を変えていたり、吸収合併されたりしている場合もあるが、その場合であっても請求は可能である。

過払い金請求は、利息の引き直し計算や契約書の理解、利息制限法の理解など専門的な能力が必要な行為だ。コストがかかったとしても返還請求にもっていくためには、専門家の力を借りる方が確実で迅速な解決につながりやすい。過払い金が発生している可能性がある人は、まずは早めに専門家に相談することをおすすめする。

弁護士が教える過払い金請求が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台と全国7事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能

    公式サイトへ

  • No.2
  • 樋口総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。樋口総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 街角法律相談所 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ