過払い金請求でクレジットカードに影響がでるケース

過払い金請求でクレジットカードに影響がでるケース

過払い金請求をすると、手元に払い過ぎた利息が戻ってくるという大きなメリットがあります。しかし過払い金請求した後も、「今までどおりクレジットカードが使えるのか」「新規でクレジットカードが作れるのか」などの不安が残ります。クレジットカードはキャッシングだけでなく、インターネットでのショッピングや公共料金の決済などにも利用されていることが多く、クレジットカードが使えなくなると日常生活に支障がでてしまいます。今回は過払い金請求をした場合に、クレジットカードにどんな影響がでるのかということについて紹介します。

クレジットカードのキャッシングも過払い金請求できる

クレジットカードには、買物をするショッピング機能とお金を借りるキャッシング機能があります。クレジットカードでのキャッシングについては借金なので、金利を払い過ぎていれば過払い金請求の対象になります。クレジットカードでのショッピングは買物の立て替え払いであり、分割払いやリボルビング払いであっても借金ではないので過払い金が発生することはありません。2007年ごろまでは、大手のクレジット会社でも消費者金融と同様に利息制限法の上限を超える利率、いわゆるグレーゾーン金利で貸付を行なっていた。そのため、2007年以前にクレジットカードでキャッシングをおこなっていた場合は、過払い金が発生している可能性が高い。グレーゾーン金利で利息を支払った場合、利息制限法の上限を超えた部分の支払いは利息ではなく元本の支払いに充てたものとみなして計算し直すと、借金を完済した後も返済を続けていたことになるケースが多いです。この払い過ぎていた分が過払い金であり、請求することで返してもらえるのです過払い金請求の期限は「最後の取引から10年」と法律で定められており、10年を越えると返還請求することができません。これはクレジットカードのキャッシングについても同様ですクレジットカードのキャッシングの場合、この最後の取引がいつになるかという点が問題になります。2007年以前の過払い金の発生する借入について既に完済していても、その後もキャッシングや返済を繰り返していれば取引を続けていたことになり、既に返済から10年以上経過していたとしても返還請求が可能な場合があります。また完済後にキャッシングをしていなくても年会費を払い続けていた場合には、同一の契約で取引が継続していたとみなされ、10年以上経過した分についても返還請求が認められる場合があります。この場合は、借金のなかった空白期間の長さなどにより裁判所の判断も分かれているため、ケースバイケースで考えなければなりません。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求をしたらクレジットカードは使えなくなる?

過払い金請求をしたら、クレジットカードは使えなくなってしまうのかというのは一番気になる点です。過払い金を請求すると、請求先の信販会社のクレジットカードは、完済後であっても解約扱いとなって使えなくなります。これはキャッシングだけでなくショッピング枠も使えなくなるので注意が必要です。特に公共料金の決済などにそのクレジットカードを指定している場合は、事前に別なクレジットカードに変更しておかなければなりません。そのため過払い金請求をする会社のクレジットカードしか持っていないような場合には、他の会社のクレジットカードを用意しておいたほうがよい。またETCカードや家族カードなど同じ会社から他のカードの発行を受けていれば、同様に使えなくなるので、注意しなければなりません。過払い金請求を行なってもその情報が他社と共有されることはないので、使えなくなるのは請求を行なった会社のクレジットカードだけです過払い金返還請求をおこなってないそれ以外の会社のクレジットカードは従来同様に使うことができます。ただし、クレジットカードを作った会社が合併されてグループ会社になっているような場合は、他社であっても同じグループの会社のクレジットカードは使えなくなる可能性もあるので注意が必要です。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台と全国7事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角法律相談所 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 樋口総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。樋口総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

過払い金請求をしても新規のクレジットカードは作れる?

過払い金請求先の借金を完済しているのであれば、過払い金請求をしたからといって新規のクレジットカードが作れなくなるようなことはありません。もちろん過払い金請求をした会社のクレジットカードを作ることはできないが、他社のクレジットカードの申し込みに影響することはありません。以前は、過払い金請求も債務整理と同じ扱いで信用情報に載せられていたが、2010年に法律が改定されてからは過払い金請求の情報はすべて削除されるようになりました。そのため過払い金請求の情報が他社と共有されることはありません。クレジットカードを新規で申し込む際の審査は、返済能力があるのかどうかを見るためにおこなわれるものです借金を完済しているのであれば、過払い金請求をしても返済能力には影響しない。信用情報に載ることもないので、過払い金請求をしたことが理由となって他社の審査に影響することはありません。そのため過払い金請求をしても、他社で新たなクレジットカードを作ることや新たな借入をすることは可能ですまた過払い金請求をした会社であっても、ある程度の期間が経過すると発行可能になることもあり、借入の限度額を下げて発行が可能な場合もあります。

事務所に相談する前に無料・匿名で過払い金・減額をシミュレーション

\おすすめです/

過払い金請求や債務整理をしようと思っても弁護士、司法書士に依頼するのは・・・。怒られるんじゃないか。どんなこと聞かれるのか。費用がたくさんかかるんじゃないか。とても心配ですよね。そんな方におすすめなのが街角法律相談所。

街角法律相談所なら、無料・匿名で過払い金や減額のシミュレーションができます。事務所に相談する前に匿名でOKで、無料で診断ができ、今すぐシミュレーションができます。

街角法律相談所の公式サイトを見てみる

注意!過払い金請求でクレジットカードが使えなくなることも

過払い金請求をおこなっても他社のクレジットカードに影響しないのは、既に完済した借金の過払い金請求をおこなった場合、借入残高があってもそれを上回る過払い金と相殺し借金がなくなった場合です借入残高にはキャッシングの残高だけでなく、ショッピングの利用残高についても同様に借金として扱われるので注意しなければなりません。過払い金請求をしても、過払い金よりも借入残高のほうが大きく借金を完済できない場合は任意整理扱いになります。任意整理扱いになると個人信用情報機関に事故情報として登録され、他の信販会社や消費者金融とも情報が共有されてしまいます。事故情報として登録されると、それを見た他社が自社への返済能力を疑って、クレジットカードの使用をストップしてしまうことが多いです。任意整理の事故情報登録期間は約5年で、その間はいわゆるブラックリストに載っているような状態になるため、月会社のクレジットカードも使えなくなり、他社でのクレジットカード発行も難しくなります。またクレジットカードに限らず、銀行のローンや消費者金融の借入にも影響するので注意が必要です。ただし事故情報が登録されたからといって、勤務先に知られることや就職や資格取得で不利になるということはありません。ただクレジットカードが使えなくなるということは、とても不便になることは肝に銘じたい。ショッピングはもちろんですが、特に公共料金や携帯電話の決済などに利用している場合は、その手続きだけでも面倒なものです手続きを怠ると滞納状態になって電気や水道が止まったり、携帯電話が使えなくなったりということにもつながりかねない。だから過払い金請求をしても借金を完済できずにクレジットカードの使用に影響がでそうな場合は、慎重な判断が必要になります。過払い金請求をするべきか、しないほうが良いのか、過払い金請求するならどのタイミングでするかなどについては、借入状況を詳しく調査しなければなりません。そのため、過払い金請求に詳しい弁護士など専門家に相談してから判断することが望ましい。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台と全国7事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角法律相談所 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 樋口総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。樋口総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守