セディナの過払い金請求の返還率とお金が返ってくるまでの期間

セディナの過払い金請求の返還率とお金が返ってくるまでの期間

セディナを相手に過払い金請求をするときにはどのような点を注意したらよいのだろうか?同じ金額の借入金でも会社ごとに金利が異なるうえに、過払い金請求をしたときの対応にも差がある。過払い金請求は早く解決させることも大事だが、できる限り満額に近い金額を返還してもらえるように交渉する必要もある。そこで、セディナに対する過払い金請求の特色や返還率、回収完了までにかかる期間などについて詳しく解説する。

キャッシングで過払い金が発生するのはなぜ?

法定金利よりも高い利息でお金を借りていた場合には過払い金が発生している可能性がある。しかし、法定金利と言っても、以前は出資法と利息制限法という2つの法律に定められている上限金利に大きな差があった。利息制限法の上限金利は金額によって異なるが年15%から20%なのに対して、出資法の上限金利は年29.2%。出資法は、サラ金の高すぎる金利を制限するために設けられた法律のため罰則は厳しいが、それまでの金利よりも低く設定した結果が29.2%という高い数字になっている。一方、利息制限法は金額によって3つの上限金利が分けられているが、守らなかった場合でも罰則がない。そのため、法定金利でありながら貸金業者が有利に設定できるグレーゾーンの金利が存在していた。しかも、消費者金融だけではなく、クレジットカードのキャッシングの利息も、払い過ぎていた場合には過払い金が発生する。それなのに、過払い金が発生するのは消費者金融からの借金だけだと思っている人は意外と多い。それは、クレジットカードを利用したキャッシングだと、自分のお金を引き出している感覚になって、借金をしている感覚が薄くなるからかもしれない。だが、2006年から何度かに分けて貸金業法が改正され、グレーゾーンが解消されることとなった。同時期に、最高裁でもグレーゾーンの金利は違法だという判決が下りている。そのため、消費者金融も、信販会社やクレジットカード会社も、利息の改定を行うようになったのである。そして、2010年には出資法の高すぎる金利が利息制限法の金利と同じになったため、グレーゾーンは完全になくなっている。過払い金とは、グレーゾーンの金利が適用されていた時代に支払った、本来は払う必要のない余分な利息のことだ。だから、過払い金はグレーゾーンがあった時期の借金が対象なのだが、キャッシングにも金利が設定されており当然対象となっている。セディナに会社の名称が変わる以前から取引があり、キャッシングをしたことがある人は、一度過払い金があるかどうか確認してみる必要があるだろう。

セディナとはどういう会社?

セディナは、2009年4月にOMCカード、セントラルファイナンス、クオークの3社が合併してできた信販会社だ。そのため、合併前のどの信販会社でキャッシングをしていたかによって金利が異なる。中でもOMCカードは、複数の信販会社が何度にもわたって合併を繰り返してできた会社であるため、いつから取引を始めたかによっても金利に差がある。しかも、OMCカードの金利改定は2007年9月2日以降。他の信販会社やクレジットカード会社が次々とキャッシングの金利を改定していく中、最後に金利の改定を行ったことがよく知られている。そのため、金利のグレーゾーンが他の貸金業者よりも長い間残ることになった。OMCカードは、2007年9月、キャッシングの金利を18%まで大幅に引き下げているが、金利改定以前は年利28.8%だったため、当然過払い金が発生している可能性が高い。だから、2007年9月より前から取引をしている場合には、過払い金を疑って確認する必要があるのだ。

セディナの過払い金請求で注意する点は?

セディナに対する過払い金請求で気を付けなければならないのは、複数の信販会社が合併した点とショッピング枠の残高だ。確かに、OMCカードはダイエーオーエムシーになるまでの時代にたくさんの信販会社が合併してできたという経緯がある。そのため、時期によって金利が異なるのだが、現在過払い金を請求することを考えると、その頃の取引は最終返済から10年という消滅時効にかかってしまっているため、ダイエーオーエムシーになる以前の金利はここでは考える必要はないだろう。しかし、複数の信販会社の合併で2009年に誕生したセディナの場合、1か所で完済していても、他で借りた分が残っていると過払い金請求したことによってブラックリストに載ってしまう可能性がある。また、OMCカードは2008年まで業界2位の発行枚数を誇るクレジットカードだったことに加え、セントラルファイナンスも信販会社の大手だったため、キャッシングは完済していても、ショッピングの分割払いやリボ払いが残っている可能性もある。その場合、気付かずに過払い金請求してしまうと、事故情報として処理され、ブラックリストに載ってしまうこともあり得る。このようなケースを防ぐために、セディナを相手に過払い金請求をするならば、OMCカード、セントラルファイナンス、クオークのいずれに対する取引も完済したことを確認してからにした方が安心だ。

セディナへの過払い金請求の返還率は?

セディナの返還率は特別低くはないが、かといって高くもない。話し合いで解決しようとすると、7割から9割程度の金額を提示される。そのため、全額回収するためには訴訟が必要になると思っておいた方がよいだろう。もちろん、訴訟を提起するとなると、費用もかかるが、過払い金の金額が大きい場合は1割、2割の差でも無視できないのである。また、過払い金請求の際には過払い金利息も同時に取れるところだが、セディナが相手の場合、過払い金と共に過払い利息を請求できるかどうか、請求した結果払ってもらえるかどうかは依頼する弁護士や司法書士などによって異なる。弁護士事務所などの方針で、最初から過払い金に対する5%の利息を請求しない方向で話を進める場合もあるが、依頼する法律家によって請求しても取れる場合と取れない場合がある。そのため、過払い金利息にまでこだわるのであれば、セディナに対する過払い金請求に強い弁護士を選んで依頼した方がよいだろう。

セディナへの過払い金請求が決着するまでの期間は?

セディナへの過払い金請求は、決着まで時間がかかることを覚悟しておく必要がある。と言うのも、少しでも返還率を高くするためには、取引履歴をチェックして正確な過払い金の金額を知ることが不可欠なのだが、セディナは取引履歴の開示請求に対しての反応が悪く、開示してもらうまでに時間がかかる。特に古い取引に関しては、マイクロフィルムからの復元には時間がかかるという理由で時間を取られることが多い。しかし、取引記録が残っていないといわれても、マイクロフィルムから情報を拾ったおかげで記録が見つかったケースもある。セディナに取引履歴の開示を請求する場合、時間がかかることは覚悟して、粘り強く交渉を続けた方がよさそうだ。セディナを相手にした過払い金請求では、一旦交渉には入れれば和解までスムーズに進むことが多く2~4か月程度で完了する。だが、返還金の減額交渉を打診されることも多いため、できるだけ満額に近い金額を回収したいなら訴訟に持ち込んだ方がよいだろう。訴訟を行うと解決までの期間が半年程度にまで延びる可能性もあるが、第1回目の口頭弁論前に満額での和解が持ち込まれることも多い。ただし、訴訟の準備段階でも費用がかかるため、満額を引き出すために訴訟まで持ち込むべきか否かは、慎重に判断すべきだろう。

弁護士が教える過払い金請求が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台と全国7事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能

    公式サイトへ

  • No.2
  • 樋口総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。樋口総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 街角法律相談所 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ