アイフルの過払い金請求の返還率とお金が返ってくるまでの期間

アイフルの過払い金請求の返還率とお金が返ってくるまでの期間

アイフルの過払い金請求は難しいのだろうか?たとえ同額のお金を借りる場合でも、いつ借りたか、いくら借りたかによっても金利が異なるうえに、業者によって実質金利の設定が異なるため、過払い金の金額にも差が出ます。
また、業者ごとに過払い金請求への対応が異なるため、効果的な請求方法を選んで請求を行わなければ、うまく回収することは難しくなります。
ここでは、アイフルの過払い金請求の特徴や返還率、期間などについて解説します。

過払い金が発生するからくり

過払い金とは、払い過ぎた利息のことです。
決められた利息があるはずなのに、なぜ払い過ぎになるのかというと、2010年の6月の出資法改正までは、利息制限法の上限金利と出資法の上限金利の間に大きな差があったため、出資法の上限金利は29.2%、利息制限法の上限金利は、金額によって異なり、元本10万円未満は20%、10万円~100万円までは18%、100万円以上は15%という実質年利でした。

サラ金などを取り締まる目的で制定された出資法には罰則があるのに対して、利息制限法には罰則がないため、本来であれば利息制限法が適用されるところに出資法の上限金利が適用されてしまうというグレーゾーンができてしまい、その部分が過払い金となったわけです。
だから、かなり以前から過払い金は発生していたのですが、過払い金請求が広くおこなわれるようになったのは2006年以降のことです。
最高裁で、グレーゾーンの金利は払わなくてもよいという判決が出たことで、払い過ぎた利息を取り戻そうとする人が増え、2010年以降は上限利息が利息制限法に合わせられることになったためグレーゾーンが無くなりましたが、それ以前から同じ貸金業者を利用している場合には、契約を切り替えなければ古い利息が適用されている場合もあります。
特にアイフルは、新規の顧客に対してしか新しい利率を適用していないため、古くからの借入金がある場合には、その当時の利息が妥当であったかどうかを確認する必要がります。

アイフルとはどういう会社?

アイフルへの過払い金請求をする前に、アイフルがどのような企業なのかを確認しておきましょう。
アイフルは、東証一部上場の独立系では最大手の消費者金融です。
かつては大手の独立系消費者金融が多数存在していましたが、武富士が倒産し、レイク、プロミス、アコムが次々と銀行のグループ企業となった今では、独立系の大手消費者金融はアイフルくらいになりました。

しかし、独立を保っているからといって経営が順風満帆だったわけではなく、貸金業法の改正が進む中、経営難に陥り、2009年から事業再生ADR制度によって2014年7月まで事業の再建をおこなってきて、経済産業大臣の認定を受け事業再建をおこなっていたということは、つまり債務超過に陥っていたということになります。
事業再生ADR制度による事業再建は2014年で終了しているため、現在の経営は安定した状態にあると考えられますが、経営状態は引き続き注意して見ていく必要があります。

アイフルに過払い金請求して返還されるまでの流れは?

アイフルに過払い金請求をするためには、まず正確な過払い金の額を引き直し計算をする必要があり、そのため、最初にしなくてはならないのは取引履歴の開示請求をすることです。
いくら過払い金が発生しているのかを正確に知るためには、正確に取引の履歴を記したものが不可欠です。
アイフルは数ある貸金業者の中でも特に、過払い金の回収が難しい業者で、取引履歴の開示請求でさえすぐに開示してもらえるとは限らず、素人が自力で交渉しようとしてもむずかしいため、できれば、弁護士や司法書士などの法律の専門家に間に入ってもらった方がよいでしょう。

取引履歴を無事入手できたら、次は正確な過払い金の計算をする引き直し計算をします。
正確な金額が出たら、アイフルに対して過払い金請求をおこないます。
過払い金交渉は電話でもおこなうことができますが、アイフルはなかなか交渉に応じてくれない企業で、早期和解に持ち込もうとすると、かなり回収率が低くなってしまいます。
できるだけ回収率を高くしようと考えるのであれば、時間がかかることを覚悟のうえで、訴訟に持ち込んだ方が得策です。

アイフルは和解するのはむずかしいものの、訴訟で勝訴した場合には、判決どおりの金額を早期に振り込まれます。
勝訴に持ち込めれば、過払い金に加え、それまでの利息もプラスして支払ってもらえるため、アイフルの過払い金請求では訴訟を視野に入れておいた方がよいでしょう。

とにかく、アイフルは素人ではなかなか過払い金を回収できない会社であることは間違いなく、過払い金の額によりますが、アイフルから過払い金を取り戻すためには訴訟が必要となることが多く、妥当な金額を取り戻すためには法律家の協力が欠かせません。
しかし、法律家に依頼をすると、取り戻した過払い金の中から報酬を支払わなければならないため、アイフルを相手にするときは、過払い金の金額によって返還請求を起こすかどうかを慎重に考える必要があります。

アイフルの過払い金の返還率は?

アイフルは、出資法と利息制限法の上限金利に差があった時代は年利28.835%という高い利息で貸付をしていた。そのうえ、利息の改定も2007年8月1日から後の新規取引に限っているため、それ以前からの取引をしていた場合には過払い金があると考えられる。しかし、アイフルは先にも述べた通り、経営難に陥った過去があり、2014年まで事業再生ADR制度を利用して事業再建を図っていた企業だ。過払い金請求できる可能性があっても、満額返ってくることはまずないと思っておいた方がよいだろう。企業自体が資金難なうえに、バックに銀行など経営体力のある企業も付いていない。つまり、返還金を支払う余力がないため、できるだけ返さなくて済む方向に持っていこうとすることが予想できる。そのため、個人で交渉を行うと、過払い金の1~2割程度という低い返還率になってしまうことになる。弁護士などの法律家が間に入っても、和解交渉で提示されるのが3~6割程度と低いため、訴訟までもつれ込むことが少なくない。

アイフルの過払い金請求にかかる期間は?

アイフルに対する過払い金請求にかかる期間は、いつごろいくら借りたかなど条件にもよります。
特に、アイフルは電話交渉などによる和解で済むことが少なく、提示される返還率も低いため、長期化する傾向が見られ、なるべく早期解決をと考えるのであれば、一般的にはある程度妥協して和解に持ち込むという手段が採られるが、アイフルの場合、和解に応じてもらえること自体が難しく、返還率も著しく低くなってしまいます。
他の貸金業者に対する過払い金請求のように、早期解決を望むか、返還率を高めるかといった選択よりも、長期化してもできるだけ返還率を高くするといった考え方で進めなければ、過払い金を取り戻すこと自体がむずかしいです。

アイフルの場合、満額の返還は難しく、和解で済んでも3~8か月という長期戦が予想され、訴訟を辞さない姿勢で過払い金請求をおこなうことが重要です。
訴訟にもつれ込むと当然、解決までにかかる期間は長くなりますが、訴訟に勝訴すれば、過払い金とそれまでにかかった利息分を約1か月程度で振り込んでもらえます。
訴訟で解決まで1年間かかることになっても、返還率が高くなり、スムーズに支払いまで進むのであれば、アイフルの場合は訴訟で取り返した方が得と言えます。

知らなきゃ損するアイフルの過払い金請求のデメリット

過払い金請求にはメリットがある一方で、デメリットもあります。大きく分けるとデメリットは3つある。1つ目はブラックリストへの登録、2つ目はアイフルおよびアイフルのグループ会社からは新たに借入できないこと、3つ目は完済後10年という請求期限があることです。

アイフルの過払い金請求のデメリット

過払い金請求のデメリットは貸金業者にもよって対応が違いますが過払い金請求をした貸金業者から借入ができなくなることです。

お金を借りなければならない状況の時に追加での借入がアイフルおよびアイフルのグループ会社からできなくなることがありますが、他の貸金業者からは借入をすることができるので問題はありません。

また、過払い金請求の最大のメリットは当然、払い過ぎた利息である過払い金が戻ってくることです。

過払い金は貸金業者ごとに戻ってくる過払い金の返還率や過払い金請求してからお金が返還されるまでの期間が異なります。

また、返還率や期間だけではなくアイフルが過払い金請求をしたときにどんな対応をしてきて、どんな対応をすればいいのかなども注意しなければなりません。

弁護士が教える過払い金請求が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台と全国7事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能

    公式サイトへ

  • No.2
  • 樋口総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。樋口総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 街角法律相談所 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ